クワンソウとは

クワンソウとはハーブの1種で睡眠効果があるとされています。

クワンソウは沖縄で栽培されています。

クワンソウ基本情報


沖縄伝統野菜クワンソウのイラスト

【和名】 アキノワスレグサ(秋の忘れ草)
【別名】 トキハカンゾウ(常葉萱草)
【科名・属名】 ユリ科ワスレグサ属(キスゲ属)
【学名】 Hemerocallis fulva L.var. sempervirens M.Hotta
【分布】 南西諸島および九州南部
【近縁種】 ホンカンゾウ、ノカンゾウ、ヤブカンゾウ

【伝承されている効果】
(1)不眠症、(2)興奮、(3)いらいら、(4)補血剤、(5)強壮薬、(6)黄疸、(7)乳瘍、(8)腫痛、(9)止血、(10)むくみ、(11)食欲不振、(12)膀胱炎、(13)腎臓病
部位: 葉(1)(2)(3)(4)、根(5)~(12)、花(1)(4)

クワンソウについては近年、様々な研究と実験がなされ栄養成分と効能が解明されてきています。

 


ワスレグサ(忘れ草)は、花が一日限りで終わると考えられたため、英語ではDaylily、独語でもTaglilieと呼ばれる。実際には翌日または翌々日に閉花するものも多い。中国では萱草と呼ばれ、「金針」、「忘憂草」などとも呼ばれる。 広義には、ユリ科ワスレグサ属(別名キスゲ属、ヘメロカリス属)のことを指し、その場合は、ニッコウキスゲなどゼンテイカもユウスゲもワスレグサに含まれる。また長崎の男女群島に自生するトウカンゾウなどもワスレグサと呼ばれる。

wikipedia より

 


歴史と伝承

琉球食療法の指導書「御膳本草」

かつて海外貿易で栄えていた頃の琉球王府は、中国大陸からの客人を贅をつくした歓待料理でもてなしていました。その食材としてクワンソウが使われていたことが記録に残っています。また、王府に仕えた医師・渡嘉敷親雲上通寛が1832年に著した琉球食療書『御前本草』にもクワンソウは記されています。先人の知恵は今の時代にも伝承され、沖縄ではクワンソウを屋敷の中に植え、薬草として家族の健康を家庭で守り続けていました。


 

安心・安全な国内有機栽培

クワンソウ畑の画像

クワンソウは、沖縄県が指定した伝統島野菜28品目のひとつ。研究や計画的な栽培が始まっています。沖縄クワンソウ普及協会も設立され、高品質な今帰仁村産を中心に、安全・安心な素材を安定供給できるようになりました。


クワンソウの効能 (クワンソウと睡眠について)

クワンソウの花の画像


○ 沖縄伝統島野菜クワンソウ

主に沖縄に自生している植物で、昔から眠れない時に食されていました。和名はアキノワスレグサ。ユリ科のワスレグサ属です。「萱草(かんぞう)」とも呼ばれますが「甘草(かんぞう):マメ科」とは別の種です。茎やつぼみ、花は野菜として、葉はお茶や健康食品の原材料として活用されています。


○ 歴史と伝承

かつて海外貿易で栄えていた頃の琉球王府は、中国大陸からの客人を贅をつくした歓待料理でもてなしていました。その食材としてクワンソウが使われていたことが記録に残っています。また、王府に仕えた医師・渡嘉敷親雲上通寛が1832年に著した琉球食療書「御前本草」にもクワンソウは記されています。先人の知恵は今の時代にも伝承され、沖縄ではクワンソウを屋敷の中に植え、家族の健康を家庭で守り続けていました。

以前は、沖縄のどこにでも生えていました。葉や根元の柔らかい部分は和え物にして食べられていました。花は酢の物や天ぷらにして食べられます。眠れないときや気分が落ち込んだときなどに食べられてきたそうです。


○ 安心・安全な国内有機栽培

クワンソウは、沖縄県が指定した伝統島野菜28品目のひとつ。研究や計画的な栽培が始まっています。沖縄クワンソウ普及協会も設立され、高品質な今帰仁村産を中心に、安全・安心な素材を安定供給できるようになりました。


○ 妊娠中の方へ

ねむりん粉(クワンソウ茶)は、沖縄伝統の島野菜の一つです。昔から食べられてきた野菜なので普通の食品としてお召し上がりください。


クワンソウエキスの効能

ソムノクエスト社が調査したクワンソウエキスの効果です。

クワンソウの写真

自社で試験的にクワンソウを栽培しています。

これが畑から抜いてきたクワンソウです。

葉と根はこのような形をしています。

クワンソウの画像


クワンソウ粉末茶(ねむりん粉)は下記から購入できます。(クレジットカード決済の場合)

50g:2,800円、100g:5,000円

Yhooショッピングでクワンソウ粉末茶を販売