睡眠時無呼吸症候群について

眠れないおっさんです。

 

10年前、私のBMIは、普通と太り気味の境界でした。25です。

当時、上を向いて寝ると息が止まり窒息する夢ばかり見ていました。

溺れる夢やビルの屋上から落ちる夢など絶体絶命な夢ばかりです。

そして「カッ」と言って息をして目が覚めるのです。

「あー死ぬところだった。」

と毎日思っていました。

これを防ぐ方法はいくつかあります。私が試してみた方法です。

・横を向いて寝る → いつのまにか上を向いている。NG

・下あごを突き出すような位置になるマウスピースをはめて寝る → 眠れるのですが口が開いた時は口の中が乾いてよくありませんでした。GOOD

・アルコールを飲まずに寝る。 → 舌の筋肉がゆるまないため舌が気道を塞がないのでよく眠れます。GOOD

・ダイエットする → 10kg痩せてみたらとても深く眠れました。但し、痩せ方が問題です。GOOD

このように深く眠れない時は無呼吸症候群の可能性もあります。

私の場合は体重はあまり変わりませんが5年前に自転車(ロードバイク)を始めたので脂肪が減り筋肉が増えたと思います。

体脂肪率が下がりました。

これにより無呼吸になる回数はだいぶ減りましたが飲酒するとやはり息が止まる時があります。

熟睡するには、禁酒とダイエットが良いと思います。

 

 

 

クワンソウ粉末茶のページ

クワンソウの粉末茶100%を使用した ”ねむりん粉”