深い眠りをとるためには。

それでは、どうすれば深い眠りをとることができるのでしょうか?

意外にも、私たちの生活習慣の一つ一つが睡眠に影響を与えています。

ここでは注意すべきポイントを簡単に紹介します。

食事
カフェインやアルコールは眠りを妨げたり、眠りを浅くするため寝る前に摂ることは控えた方が良いでしょう。逆に、牛乳に含まれるトリプトファンや、コラーゲンやゼラチンに多く含まれるグリシンは、寝付きをよくする効果が知られています。
寝る前にホットミルクを飲むとよく眠れると言われるのはそのためです。

照明・光
強い光は、脳に強い刺激を与えるため、寝付きを悪くすることが知られています。そのため、寝る前は部屋の明るさを抑えたり、TVやパソコンを控えた方が良いでしょう。電気を消した後に、携帯電話でメールをする方もいるのではないでしょうか?画面から強い光が発せられるので、注意しましょう。

リラックス
心地よい音楽やアロマなどの香り、軽いストレッチなどはリラックス効果により寝付きがよくなると言われています。また、寝間着や寝具など自分にあった物を使うことでリラックス効果が期待できます。
いつも寝付きが悪いという方や、熟睡できないという方は参考にしてみてください。最後に紹介したリラックス方法は、皆さんそれぞれ異なると思います。この機会に、自分がリラックスできる音楽や香りなどを探してみるのはいかがでしょうか?